読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサースライム日記

サラリーマンスライム。気になる出来事をピックアップ。

ワンピースピンチとワンピース黄金時代(自分的)

連載第一話から読み続け全巻所有の古参ファンです。

ワンピースはとにかくものすごい商業的に成功してますよね。 しかし、そのせいで…。作品に少なからず影響をあたえてしまった。



思い起こせば小学生のときに第一話を読んでから、ジャンプ、コミックスはもちろん、ずいぶん課金しまくってきたし、時間を費やしてきました。sbsにも投稿しました。



しかし、、あまりにも…あまりにも話が間延びしちゃあいませんかと心の隅で訴えてしまう。泣

しかし、けしてアンチではなく、むしろ応援してます。むしろ、かくれ信者です。

だからこそ、なんでこうなったんだ?と残念でならない部分がありますね。正直。








そもそも、当初連載始まったときはどんどんテンポ良くすすみ夢中になってました。
12巻までにゾロ、ナミ、ウソップ、サンジが仲間になり、すでにイーストブルーを出てしまっています。今ではあり得ない速さです。

ひとつひとつのエピソードも、2~3巻分ほどにまとまっていたので、軽快に読めました。

無駄がそげおちており、必要なものだけが凝縮された素晴らしい少年漫画でした。

その後、チョッパーとビビのエピソードもよかったです。若干アラバスタは長かったのですが、ひとつひとつのバトルが短くまとまってました。だから、盛り上がりもあり、読者もついてきたと思います。
なにせ、あのボンちゃんが大活躍でしたし、キャラたちもうまく描かれていて、バトルの様子やキャラの感じが頭にキチンとのこってます。
特筆すべきは、Mr.1とゾロの闘い覚えてます?速かったことないですか?しかも、面白かったし、印象にキチンと残ってますよ。あれ、いまだったら、へたしたら一ヶ月くらいたたかって、それにもかかわらず印象に残らないのです…。
とにかく、よかったですね。楽しかったです。

ですが…。


空島に到達し、たまをつかう神官サトリが登場したあたりから、「戦闘シーン」もなにかよくわからなくなってしまいました。話もややこしくて何度も読みかえさないと、一味がどうなっているのかがわからず…。ただし、楽しげなキャンプや黄金など面白くないわけではなかったのです。

つまり、どんどん読みたいページと飛ばして読むページができてしまった。

さらに拍車をかけたこと。
まぁ、進行の遅いこと遅いこと。

ビビの話は話の背景が素晴らしかったので読めました。でも、また長いのか、しかもただの闘いか?と思うと…げっそり。

ここで、第一期ワンピピンチが起きてしまいました。


空島はもっと戦闘シーンをけずって、せめて3か4巻くらいにまとめて欲しかった。
到着→空島の文化を楽しむ→ルフィがエネルをぶっとばす→黄金ゲット

この流れに、大蛇やら、神官やら、一味がばらばらになるやら、いろんなところでバトル…。なにもかも枝葉がつきすぎです。

枝葉をそれぞれ3ページくらいにまとめてさくさく進んでくれたら空島はめちゃくちゃおもしろかったはずなのに。
とにかくポッと出の(雑魚)キャラは瞬殺して欲しい。
エピソードは短くまとめて細かいことは飛ばして欲しい。

空島を、担当していたジャンプの編集はだれなんだ。


そして、やっとやっとやっと空島が終わったので(覚えてないけど1年くらい空島にいませんでした?)早くすすめてくれーと思っていましたが、

そこで

デービーバックファイト……。
あれは、自分の中では番外編となっています。







熱が復活したのは、やはりウォーターセブン。あれはよかった。島を見た瞬間ほっとした。
島の設定も登場人物も魅力的で、いまだに脳裏に残っているので。

個人的に最も好きな ウソップ が ルフィ と大喧嘩したときなんて、最高にひきつけられました。
フランキーとアイスバーグの関係もよかった。
展開もやはりスローペースですが、飽きなかった。

(でも、エニエスロビーはやや長かった。)




そして、45巻で懸賞金上がりますよね。 約10巻にもわたる2年?3年?の連載でしたが、尾田先生の才能が炸裂した秀逸なストーリーでした。
しかしワンピースフィーバーは、シャボンディにつくまでの間一旦ストップ。


それはスリラーバーク。尾田先生の才能があってこその世界観でしたが、2巻分くらいにまとめてほしかったと思います。長かった。長くなければ最高の評価をしたいくらい、世界観がよく、尾田先生にしかできないものでした。



その後、面白いシャボンディのエピソードから、ハンコック、インペルダウン(長い!!!!1巻でまとめてほしかった。しかし耐えれた。)、文句なしの頂上戦争、ルフィ過去…。

素晴らしかったです。
51~60巻の約2年間は個人的にワンピース黄金時代でした。
この時期はまだ院生でしたが、少ない貯蓄をワンピースのためにつかいまくった。

周りも、空島で一旦ワンピースから離れていた人たちが再び合流してきた感があり、世の中でワンピースはものすごい作品だと浸透した時期ではないでしょうか。
usjやラグーナやハウステンボスも成功していきましたし。




しかし

2年後61巻から

また、再びワンピピンチが到来するとは思ってもみませんでした。


(続く)